病気の回復判断は慎重に!丹頂またしても不調

金魚愛好家の皆様こんばんは。

内臓に不調が見られ隔離し食塩浴を施した後、回復した我家の金魚丹頂(タンチョウ)

すっかり元気になってここ数日はメイン飼育水槽を泳ぎまくっておりました。

ように見えましたが、、

またしても調子を崩してしまったようです。
メイン水槽に戻すのが早すぎたでしょうか。 続きを読む →

病気の丹頂の様子:金魚動画を作成!

金魚愛好家の皆様こんばんは。

先日から調子の悪い丹頂(タンチョウ)は引き続き隔離療養中でおます。

昨日まで全然元気なかったんですが、今日になってかなり動く様になってきました!
まだまだ予断を許しませんが、少し安心です。

そんな丹頂の様子をいっちょ動画撮影して編集までしてやりましたのでご覧下さい。 続きを読む →

金魚の糞 長いのが良いとは限らない

金魚好きの皆様こんばんは。

昨日は丹頂(タンチョウ)の調子が悪いことをご報告致しました。また、金魚が示す「病気の兆候」についても調べたことを適当に書きました。

本日は糞についてです。
「この糞ブログが!」「ひー。すみませんー」という意味ではなく、糞について昨日に引き続き更にちょこっと調べました。まあ糞ブログであることは確かですけど。

と言うのが我が家の丹頂ですが、かなり長い糞をしまして。
いやーよく出た! と思ったら、赤いのですよ糞が。
こりゃやばいなと思いつつ赤い糞や長い糞について調べてみまたのです。 続きを読む →

金魚の病気の兆候:丹頂がおかしい

皆様ごんばんは!

通販で購入し隔離飼育していた水泡眼(スイホウガン)を昨日本水槽に投入しました。今日も様子を観ておりましたが今の所元気で問題なさそうです。

しかし、、、丹頂(タンチョウ)がおかしいのです。
「おかしい」と言っても「この丹頂って動き単調すぎてちょー笑うー。可笑しいー」という意味でないのは言うまでもありません。
いつもは水槽で一番の元気者なのにぼーっと動かず元気がない。

そのまま水槽で食塩浴をしても良いんですが、念の為取り出して隔離しました。
まだこれと言った病気の症状は出ていませんが、何らかの兆候であることは確かで、今回を機に書籍等で金魚の病気や不調の「兆候(サイン)」に関しても調べてみました。 続きを読む →

水泡眼の袋は破れても再生する!人の細胞も増殖!

金魚愛好家の皆様こんばんは。

本日は水泡眼(スイホウガン)に関する報告です。
水泡眼は袋が破れても再生することが多数報告され、私も経験しています。一方、「元に戻らない」との情報もあります。
そんななか、ある機関の研究では、少なくとも「袋の中身」は比較的短期間で再生するとの情報を見つけました!
しかもなんと水泡眼は医学の分野に貢献できる可能性が高い様です!

記事を発見したキッカケは東工大 大隈良典教授の2016年ノーベル生理学・医学賞受賞です!素晴らしい!大変喜ばしいことです!

続きを読む →

金魚の病気:予防の極意ー武道の達人は金魚の達人でもあった

金魚愛好家の皆様こんばんは!
病気に関してあることないこと適当に色々書いてきました。あっ、でも内容は私が言ってんじゃなくて偉い人が言ってる事をまとめたんですからね。ほとんどは。

そんななかで、本日は書物を基に「病気予防の極意」的なものをご報告します。極意と言っても難しいことではなくベテランの方ならいつも心掛けておられる内容で初心者でも実行可能です。また意外や、この「金魚の極意」によって畑違いの「武道」を極め、「武道の神様」「格闘技の神様」とまで呼ばれるようになった伝説の武道家もご紹介したいと思います。 続きを読む →

転覆病:その原因・症状・治療・予防

金魚愛好家の皆様こんばんは!今日は金魚が天地逆さまになってしまう「転覆病」についてご報告したいと思います!
「必ず治る対処法〜」的なサイトもあって驚きです、よくもまあ「必ず」とか言えたもんやな。そんな方法ないですよ。
症状も原因も多数ありかつ未解明な部分が多く、ましてや決定的な治療法も確立されていません。
そんななかで、特に初期なら治る可能性のある対処方やもう少し突っ込んだ情報などを適当に調べてみました。私の経験も絡めてますが、、まあこれはアテにせずお付き合い下さい。 続きを読む →

赤斑病:常に水槽にいる「常在菌」が原因のいやな病気

金魚愛好家の皆様こんばんは!

本日の話題は赤斑病(せきはんびょう)です。
文字通り金魚の身体に赤い斑点が出てくる症状です。この病気も初期なら完治の報告は多数ありますが、進行すると死に至る病気であり、また進行が早い病気でもあります。
他の記事同様に書籍やネット情報に私のしょぼい経験をからめて報告したいと思います。 続きを読む →

穴あき病:この病気も早期発見したい

金魚愛好家の皆様こんばんは!

本日は私の金魚も何回か罹ってしまった「穴あき病」について報告させて戴きます。
この病気は早期発見すればなんとかなる事も多いのですが、あっと言う間に進行して気付いたら取り返しがつかなくなってしまう難しい病気でもあります。穴があいて可哀想なのはもちろん、急激に金魚の肉瘤や身体がしぼんでしまったりすることもあり、大変痛ましい病気です。
信頼できるしっかりした情報をお取りになって対応されることをお勧めしますが、私も体験談や割と便利な薬の計量方法を報告させて戴きます。 続きを読む →